不動産売却と確定申告

不動産売却で利益を得てしまった場合は、確定申告が必要となります。 - 不動産売却と確定申告

不動産売却と確定申告

bvhnjytd
もし不動産売却をして利益を得たのであれば、確定申告を行う必要があります。
査定の段階である程度利益の有無が分かると思うので、しっかりと準備しておくようにしましょう。
会社員でも申告は必要
確定申告と言えば、自営業者が行うイメージがあります。
確かに、会社員の人は企業側が年末調整を行うので、普通であれば申告をする必要は一切ありません。
ただ、不動産売却に限らず、本業以外で一定以上の収入を得た場合には、会社員であっても確定申告を行わなければならないのです。
確定申告は利益を得た場合に必要
ただし、あくまでも確定申告は利益を得た場合のみ必要となります。
当然ですが、不動産売却では必ずしも利益を得るとは限らないので、その場合は確定申告をする必要はありません。
ただ、もし損失が出た場合には確定申告をすることによって、給与所得に対する税金を安くすることができるため、面倒でなければ申告しておくのもいいでしょう。

どのように申告すればいいのか

確定申告の方法ですが、基本的には書類に記入をして3月15日までに提出をすることになります。
必要な書類は、確定申告書のB様式、分離課税用申告書、譲渡所得の内訳書、不動産売買契約書、登記簿謄本、そして仲介手数料や諸経費の領収書かそのコピーを用意することになります。
大抵はこれらがあれば問題はありませんが、場合によっては上記以外の書類を要求される可能性もあるので、その際はまた対応するようにしましょう。
なお、確定申告はインターネットで行うこともでき、それならわざわざ税務署まで出向く必要もないので、忙しい人でも申告を忘れずに済むでしょう。
入力段階でアドバイスをしてくれるので、知識がない人でも安心して申告することができます。

確定申告をしても課税されるとは限らない

確定申告をしたからと言って、必ず課税されるとは限りません。
例えば、マイホームであれば3000万円の控除を受けることができるので、それに該当する人なら大半は課税対象外になると思います。
また、仮に利益を得た場合でも、それが微々たる金額で課税対象を下回る収入であれば、やはり税金を支払う必要はないのです。

税理士に依頼することもできる

もしインターネットによる申告すら行う時間がないのであれば、税理士に依頼する方法もあります。
5万円前後の報酬を支払う必要がありますが、全て税理士が手続きを行ってくれるので、多忙な人は依頼してもいいかもしれません。
その際は、必ず信頼できる税理士を選ぶようにして、面倒なトラブルにならないよう注意しましょう。

自分でも大まかな計算をしておく

もしも、税理士に全面的に申告を任せる場合や、あるいは相談をして課税額を教えてもらう場合でも、自分でも大まかな計算はしておくようにしましょう。
もしかしたら、今後また不動産を売却する機会があるかもしれませんし、万が一のことも考えて自身でも行っておくべきでしょう。

税金関連の知識を簡単に把握しておく

確定申告のためにも、また支払う税金を少なくするためにも、不動産売却に関する税金については簡単にでも把握しておくようにしましょう。
たとえ税理士に依頼をするにしても、やはり自分自身に関わることですから、最低限のことは覚えておかなければならないのです。
また、余裕があれば不動産投資や購入時に必要な税金なども、併せてチェックしておくといいかもしれません。
いつどこで機会があるか分からないので、知っておくに越したことはないのです。
■お持ちの不動産を査定するなら不動産売却査定君「http://www.hudosanbaikyaku-navi.com/」

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

不動産に関するサイト

アーカイブ